読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

papaTECH

1歳息子の育児や転職に関する記事、ガジェット・子育てグッズのレビューなどを綴る

オススメ!MacBook Pro 2016と合わせて買ったアクセサリー3選「USB Cハブ」「ケース」「保護フィルム」

今回は、先日届いた新型MacBook Pro Late 2016と合わせて買ったアクセサリーから特にオススメのアクセサリーを3つ「インナーケース」「保護フィルム」「USB Cハブ」をご紹介します。ネットや家電量販店で色々と探して選んだアクセサリーなので、参考にしてみて下さい。

f:id:kyo6448:20170129181126j:plain

<アクセサリー一覧>

1. インナーケース

MacBook Pro Late 2016では、13インチ、15インチともに旧MacBook Proから一回りサイズダウンしており、これまでのケースではサイズが合いません。そこで必要となる新しいケース。特に、自宅だけでなく持ち歩くことがある方には必須のアイテムでしょう。しかし、まだまだ専用ケースが少なく、探すのも大変です。

見つけました。オシャレでピッタリ、そして安い、Inateckのインナーケースです。

f:id:kyo6448:20170129180039j:plain

MacBook Pro Late 2016専用として販売されているわけではないのですが、Surface Pro3/Pro4/iPad pro 12.9インチ用のケースが、MacBook Pro Late 2016 13インチにぴったりなのです。実際に入れてみると、こんな感じ。

f:id:kyo6448:20170129180321j:plain

見事にピッタリ。とても気持ちがいいですね。インナーケースには、ポケットが3つ付いていて、スマホやポケットWifiなどを収納することもできます。5.2インチのP9を入れてみました。

f:id:kyo6448:20170130221247j:plain

また、同じ素材が使われたポーチも付属しているので、充電器も収納して持ち歩くことが出来ます。ケーブルを充電アダプタに巻きつけることが出来なくなったこともあり、非常にありがたいですよね。

f:id:kyo6448:20170129180502j:plain

極厚のフェルト生地を縫い合わせて造られており、デザイン性も高いため、チープさも無く、とても満足度が高い商品です。

 

2. ディスプレイ保護フィルム

せっかくの美しいRetinaディスプレイも指紋ベタベタだと汚いし、嫌ですよね。また長時間PCで操作することが多い方は、ブルーライトも気になるポイントだと思います。私もコレに対応するため購入しました。

f:id:kyo6448:20170130221802j:plain

同梱物は、左から保護フィルムとクリーナー、ホコリ取りシールの3つです。

f:id:kyo6448:20170130221816j:plain

保護フィルムを貼る前は、こんな感じで反射しています。

f:id:kyo6448:20170130221939j:plain

3回ほど貼り直して、なんとか保護フィルムを貼れたのがこちら。反射が少し抑えられて、白っぽくなっているのがわかると思います。少し色味が変わったような気もしますが、文字が滲んだりということもなく、問題ありません。

f:id:kyo6448:20170130222020j:plain

これで開け閉めの度に付いてしまっていた指紋が付かなくなりました。

 

 

 

3. USB Type Cハブ

接続端子もUSB Type Cに統一され、これまでのハブや接続端子のアクセサリーが使用できません。そこで必要なのが、USB Type Cハブ。家電量販店でも探しましたが、まだまだ取扱いが少なく、Amazon楽天で探すのが一番だと思います。

その中でもMacBook Proのデザインに合うオシャレなケーブルレスタイプがオススメです。人気が集中しており非常に品薄なので、毎日のようにチェックしないと買えないかもしれませんが、こちらに私が購入したものと、類似商品をいくつかピックアップしてみますので、チェックしてみてください。

私が購入したUSB Cハブは、こちらのHyper++(スペースグレイ)です。パッケージは非常にシンプル。

f:id:kyo6448:20170129184817j:plain

取り出してみると、こんな感じ。左から順に充電も可能なUSB C、SDカード、micro SDカード、USB 3.0 ✕ 2という5つのポートがあります。

f:id:kyo6448:20170129184949j:plain

MacBook Proに接続してみます。ケーブルタイプと違って、非常にスッキリとした印象ですよね。同じスペースグレイではあるものの、若干色味が明るいのは気になりますが、そこまでの違和感はありません。

f:id:kyo6448:20170129185322j:plain試しに一眼レフ用に使っているSDカードとバズパワータイプの外付けHDD(カクうす)を接続してみましたが、問題なく認識しましたし、発熱も問題ありませんでした。ちなみに、SDカードが裏表がひっくり返って見えますが、これが正しいです。microSDカードとSDカードを一つのリーダーで読み取れるようにすることで、このサイズ、価格を実現しているためのようです。

f:id:kyo6448:20170129185441j:plain

そんなHYPER++は、Amazonでは見つからなかったので楽天のみですが、紹介ページを載せておきます。

 

そして、売り切れに備えていくつか類似のUSB Cハブの紹介ページを合わせて載せておきます。

まずは、同じく充電可能なUSB CポートがあるサンワダイレクトのUSB Cハブです。

次は、同じサンワダイレクトのUSB Cハブですが、こちらは充電には対応していません。その分、3,000円を切る低価格が魅力です。

続いて、SatechiのUSB Cハブ。USB 3.0 ✕ 3、SDカード、micro SDカードに対応したハブで、ガンメタル、シルバー、ゴールドの3色があります。価格も安い。

 

最後に

いかがでしょうか。実際に購入したアクセサリーをご紹介しましたが、レビューどおりとても良いものばかりでした。また、今回紹介した以外にもキーボードカバーや外付けディスプレイなど、良さそうなアクセサリーを以前まとめていますので、もしよかったら参考にしてみてください。

papatech.hatenablog.com

 

 

<関連記事>

papatech.hatenablog.com

papatech.hatenablog.com

 

広告を非表示にする