読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

papaTECH

1歳息子の育児や転職に関する記事、ガジェット・子育てグッズのレビューなどを綴る

転職活動2社内定!内定後に悩んだ時の意思決定プロセス

転職

私は大手SIerにてSE兼企画営業のような立場にあるのですが、Web系の事業会社にディレクターとして転職したいと思い活動をしてきました。5社エントリーして、内定は2社といった結果となりました。活動開始当初における第一希望の企業も内定頂いていたものの、面接や様々な情報収集をしていく中で、悩みや迷いが生まれてきました。今回は、そんな悩みや迷いに対して、どう向き合うべきか、どう判断したのかをまとめてみます。

f:id:kyo6448:20170307230357j:plain

 

内定先企業の評価は?

エントリー時に評価していると思いますが、面接などを通して、より深く得られた情報を踏まえて、内定先企業を整理してみましょう。事業内容、資本金、社員数、平均年収、平均年齢など一般的に公開されている情報のみでなく、経営課題や事業戦略、などについてわかったこともあるのではないでしょうか。

特に、中長期の事業戦略が無かったり、迷走しているような状態では、会社として成長ができないことも考えられるので、そのあたりは確認できていることを整理しておきましょう。

 

オファー内容は?

募集要項では、年収やポジション等ざっくり書かれていると思いますが、内定者のスキル、経験に応じてオファー内容は変わります。内定後に行われるオファー面談(雇用条件面談)というオファー内容の説明を受ける場がありますので、その際にしっかりと確認しましょう。実際に配属となる部署やポジション、業務内容、年収、就業時間、人事制度が明らかになりますが、詳細は省略されることもあるので、不明点は質問して解消しましょう。

私の場合、最も重要だと考えていたWebディレクターというポジション、業務内容は、2社ともほぼほぼ同様でしたが、年収では約70万円の差がありました。

 

実際に働いている方から話を聞こう

ここまでの情報で迷わずに決められる方でも、一度は実際に働いている方に直接話を訊くことをお勧めします。どんな人達がどんな想いを持ってどんな仕事をしているのか、やっぱり表面的な言葉だけではイメージしにくくありませんか。私の場合、意思決定するまでに合計で6名の方にお会いしたのですが、オフィシャルな場では言いにくいようなことも色々と伺うことができたのが非常に大きかったです。

ただ、それぞれの企業の方は、それぞれの視点で話を語るので、バイアス(思い込み)がかかっていることを理解した上で話しを聞きましょう。

友人などのツテを使って、内定先の方とアポを取って話を聞きにいくことも出来ますし、エージェントを経由して内定先に会食の場をセッティングを依頼することも可能ですよ。内定をもらっているということは、先方は是非一緒に働きたいと思ってくれているはずなので、勇気を持って依頼してみると良いと思います。

 

転職の目的は?

企業も理解して、オファー内容の比較もできて、内情も把握できて、さあ判断だと思っても、それでも迷うことあると思います。私も検討期間である約1週間、2社の間を気持ちが右往左往するような感じで、これまでの人生で最も悩みました。そんなときに最終的に何をもって意思決定したのか。

それは、転職の目的に最も一致している条件の企業、オファーであるかどうかという判断基準です。わたしの場合は、 将来の起業に向けたスキル成長、人脈形成、資金確保が可能にすることが目的でしたので、それに最も合致するのはどちらかということで判断しました。しかし、それぞれの言葉もざっくりしているので、下記のようにもう少しブレークダウンすることで整理がしやすくなり、良いかもしれません。

  • スキル成長:打席(挑戦)の数が多い、周りが優秀である、国内でも先進的な取り組みを推進している
  • 人脈形成:優秀で挑戦的な人材が多い、意識高い系の人が多い
  • 資金確保:年収相場、退職金が多い

 

転職の軸は?

目的に合っていれば、何でも全てOKなのかというと、実際にはそうでもないですよね。例えば残業時間をはじめとしたワークライフバランスや福利厚生、人間関係など、様々な観点でも気になる点はあると思います。ただ、これも挙げればキリがなくなるので、転職活動のときに設定した転職の軸を改めて見直してみましょう。

私自身は次の3点を軸として活動をしてきました。面接の時にも毎回伝えてきたものです。

  • 事業領域に共感できること ←(やっぱり遣り甲斐ある仕事が良いな)
  • 挑戦的な社風であること ←(新しいこと色々チャレンジしたいな)
  • 人・モノ・金のリソースが潤沢であること ←(目先のことだけに追われたくないな)

基本的には、軸をもって応募先も選定しているので、大きくズレることは無いと思いますが、面接などを通して「やっぱり違うかも・・・」って思うこともあるかもしれないので、問題ないかであったり順位付けを再整理しておきましょう。 

 

相談もいいかも。

ここまで来れば結果は出ているような気がしますが、まだ悩んでいる方。家族や友だちに相談してみましょう。背中を押してくれるかもしれないですし、新しい観点、気付きを与えてくれるかもしれません。私は、妻子がいる身ということもあり、当然妻とは何度か話をしました。妻としては、ワークライフバランスが良く平均年収も高い方が安心だということでしたが、最終的には「あなたが後悔しないように」ということで背中を押してくれました。理解をしてくれ、支えてくれる妻には本当に感謝です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?内定先の社員を含め様々な情報を収集、整理して、転職の目的や軸を中心に評価することで、判断をすべきということを書かせていただきました。内定承諾の意思決定、回答をした後は、現職企業との退職交渉になります。私もこれから予定していますので、その結果もまた記事にしたいと思います。では。

 

<転職関連記事>

papatech.hatenablog.com

papatech.hatenablog.com

広告を非表示にする