papaTECH

1歳息子の育児や転職に関する記事、ガジェット・子育てグッズのレビューなどを綴る

生産性3倍!?iPhoneにAndroidスマートウォッチ買った理由(Fossil Q MARSHAL)

どうもpapaTECHのKYOです。最近転職した会社の社用携帯がiPhoneだったこともあり、仕事の生産性を向上させるために、ずっと気になっていたAndroid Wearスマートウォッチを購入しました。

iPhoneユーザーの方にとってのスマートウォッチと言えば、Apple Watchを思い浮かべる方が多いですが、その中で何故私がAndroid Wearを選択肢したのかをご紹介いたいと思います。スマートウォッチ欲しいけど、Apple Watch以外を探している!という方に参考になれば嬉しいです。

Apple Watchには無い自由度の高さと種類の多さが魅力のAndroid Wearであれば、きっと素敵なスマートウォッチが見つかるはずです。

 

f:id:kyo6448:20170703003320j:plain 

<目次>

 

Apple Watchはダサい

これは人それぞれの好みなので、あまり参考にはならないと思いますが。生産性関係ないし。まあ気分によって生産性に多少の影響があるということで。

私自身、3年ほどずっとスマートウォッチが欲しいと思いながらも買わずに様子見をしている状態でした。以前はiPhoneユーザーだったので、Apple Watchで検討したこともありましたが、腕時計の代わりに付けるにはあまりダサいなと、どうしてもあのデザインが好きになれず。

Android Wearスマートウォッチは多くのメーカーから販売されているので、スポーツタイプやスクエアタイプ、ラウンドタイプなど様々なデザインがあり、色んな選択肢の中から探すことができます。

 

iPhone×Android Wearでほとんど出来る

f:id:kyo6448:20170708182620j:plain

iPhoneの通知内容を確認出来る➜生産性向上

メールや予定表、LINEはもちろん、slackまで何でもスマートウォッチでチェックできるのですが、これだけで十分最高です。いちいちスマートフォンやPCで予定表を開くこと無く、手元でサッと確認できます。仕事の生産性を向上させるだけでなく、仕事できる人感を演出することまでできます。

 

時計盤のカスタマイズが出来る➜生産性向上?

普通の時計ではできない盤面のカスタマイズもAndroid Wearの楽しみの一つです。以前は、繋げるスマートフォンAndroidでないと出来なかったのですが、現在は、iPhoneでも盤面のダウンロード、カスタマイズが自由にできるようになりました。

レイアウトや表示内容も変更できて、次の予定を常に表示させておくことも出来ます。色など、自分の好み変更出来ますし、気分によってもサッと変えることが出来るので、とても楽しいです。

 

アプリもダウンロード出来る➜生産性向上?

Android Wear 2.0以上であれば、Play Storeに対応しているため、スマートウォッチ自体でWi-Fiに接続することで、iPhoneAndroidスマートフォンが無くてもアプリをダウンロードすることが出来ます。

例えば、facebook メッセンジャーをダウンロードすれば、スマホがなくても、スマートウォッチだけでメッセージの送受信が出来ます。

 

活動量計➜健康意識が高まる➜健康に➜生産性向上

健康意識が高い人はもちろん、あまり高くない人にも、地味に嬉しい機能が活動量計です。腕につけているだけで、歩数や脈拍数、心拍数などを計測してくれます。Fitというアプリと連携すれば、日々の記録データを自動でグラフ化してくれるので、モチベーションの維持にも繋がります。

健康が悪いと仕事の生産性も下がりますから、これを上手く活用して、健康を維持したいですね。 

私は、スマートウォッチを着けてから、平日は大体6,000〜8,000歩ぐらいしか歩けていないことがわかり、なるべくエスカレータやエレベータを使わずに歩くことを心がけるようになりました。

 

音楽アプリも操作できる➜気分転換➜生産性向上

音楽を聞いて気分転換をして生産性向上に繋げましょう。私は、AmazonのPrime Musicでいつも音楽を聞いているのですが、スマートウォッチから曲送りや音量調整などの操作できます。歩いているときには、スマホを取り出すのも面倒なので、手元でササッとできるのが大変便利です。

 

Android Wearで出来ないこと

上記の通り多くのことは出来るのですが、やはりiPhoneとの連携だと出来ないことも一部あります。

スマートウォッチから通話・返信は出来ない

Androidスマートフォンとの接続している場合は、スマートウォッチからテキスト入力したり絵文字を選ぶことで、簡単なメッセージを返信することが出来たり、電話に出てそのまま会話することもできます。

しかし、iPhoneと接続して利用する場合は、これらが出来ません。ただ、スマートウォッチでテキスト入力するには、ディスプレイが小さすぎて、打ち間違いが多発しますし、時計に話しかけるのも、気が引けることを考えると、実際にはあまり問題にはならいと思います。少なくとも私はそうです。 

 

当然Apple Payは出来ない

2017年7月現在、Android WearApple Payには対応していません。もし、スマートウォッチでApple Payを利用したい場合は、Apple Watch Series 2の一択になってしまいます。ただ、Android Wearには、同じようなAndroid Payという機能があり、Felicaに対応したスマートウォッチであれば、今後Suicaなどの電子マネーを使えるようになるかもしれません。

 

私が買ったスマートウォッチ Fossil Q マーシャル 

f:id:kyo6448:20170703003320j:plain

アメリカの時計ブランドであるFossilが近年スマートウォッチに力を入れているのですが、その中でも最もデザインが優れていると思うのが、このQ MARSHALです。高級感のある青銅のような質感のチタンで、ラウンド型の腕時計としてのデザインをそのままに、スマートウォッチ化したようなカッコいい1台で一目惚れしました。

写真の盤面は標準でインストールされているものなのですが、とてもいい感じです。やっぱりデザインって大事ですよね。

※ディスプレイに薄白い膜があるように見えると思いますが、保護フィルムです。

 

f:id:kyo6448:20170703003408j:plain

横から見るとこんな感じ。リューズも付いていて、まさに腕時計。 ちなみにリューズを押すと、アプリのランチャー(リスト)が表示されます。Apple Watchのように回すことはできません。

 

f:id:kyo6448:20170703003450j:plain

腕につけるとこんな感じで、違和感ありません。スマートウォッチの中でも厚みがある方ではあるのですが、私の細めの腕ででも全然問題ないですね。

 

f:id:kyo6448:20170703003559j:plain

こちらのケーブルの丸い方を時計の裏面にペタッと貼り付けると充電される、マグネットタイプの充電器です。Micro USBを刺すタイプもある中、くっつけるだけでいいので非常に楽です。磁力が若干弱く、外れやすい感じはありますが、精密機械なので仕方ないですね。

バッテリーの持ちはそこそこ

さて、気になるバッテリー持ちですが、明るさを抑える設定にして、朝出社前に100%で21時頃に残り60%程度、という持ちです。基本的には毎日充電することになると思いますが、充電を忘れても2日間ぐらいは持ちそうです。

 

iPhoneとの接続は安定

ネットの他の記事やレビューには、「iPhoneと接続が切れて、繋ぎ直すのがとても手間」だと書かれているものがありますが、私の場合はブチブチ切れるようなことは一切ありません。

一時的にiPhoneを机に置いてトイレに行っても、席に戻れば自然と接続し直されるので、全く気にする必要もありません。

 

バンド交換が自由

ちなみに、バンドも22mmの幅であれば、一般に売られているものに付け替えができるので、自分の好みに変える楽しみもあります。(Apple Watchは専用のものしか対応していません)

今回、夏場に汗をかいてもいいようにシリコン素材のバンドを購入してみました。これまたチープさがなく、付け心地も良いので、とても気に入っています。

f:id:kyo6448:20170703003653j:plain

最後に

いかがでしょうか?私はまだ5%ほどしか生産性を向上させられていないのですが、気持ち的には3倍以上の価値があると思っています。

発売当初4万円ほどだったこのFossil Q Marshalが、今は2万5千円ほどになっているので、もし気になった方は是非今のうちに!  

 

(参考)Fossil Q MARSHAL主要スペック

OS Android Wear
ROM 4GB
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth V4.1 Low Energy対応
バッテリー容量 360mAh
サイズ 直径45mm / 厚さ14mm
重量 約188g
バンド 交換可能(22mmと互換性あり)
防水 IP67 

  

広告を非表示にする