papaTECH

Mac, iPadなどのガジェットレビューや転職、3歳息子の育児子育てに関する記事などを綴る

新型iPad Pro 2018 11インチに欲しいケースとフィルムはコレ!

f:id:kyo6448:20181117220645j:plain

どうも、Appleの発表と同時に新型iPad Pro 2018 11インチを購入したKYOです。

やっぱり新しくスマートフォンタブレット、PCなどを購入した場合、それにあったケースやフィルムが欲しくなりますよね。色々と探しているだけでも楽しいし、ワクワクするものです。

今回、ケースについては、最終的にAppleのSmart Keyboard folioを選択したものの、価格も非常に高いこともあり、他のサードパーティー製品を探していました。今回は、そのときの情報も含めて新型iPad Proに必要となるアクセサリーをまとめてみようと思います。

 

 

フィルム

まずはフィルムですよね。スマホより大画面でPCより持ち運びもあり、ディスプレイを触って操作するタブレットでは、マストで購入しておきたいところです。Apple Pencilが非接触充電に対応、進化したこともあり、Apple Pencilを購入した方も多いかもしれませんが、そういった方は特に必要となるのではないでしょうか。ディスプレイに直接ペンシルをガツガツやるのは、ちょっと気が引けてしまうものです。

新型iPad Proでは、iPhone XRより優れたLiquid Retina ディスプレイが搭載されており、Pro Motionテクノロジーという120Hzのリフレッシュレートに対応しています。これによって、高精細で美しい色を高い表示スピードで映すことが可能になっています。可能な限りLiquid Retina ディスプレイの良さを損なうことなく、フィルムを選択したいところです。

また、今回のiPad Proでは、新たにFace IDを採用していることも特徴ですが、フィルムを貼ることで反応しなくなるといった事象も言われているので注意が必要です。Touch IDもないのにFace IDが反応しないとか最悪です。

 

Wanlok社 ガラスフィルム

Amazon’s Chioiceであり、2017年にAmazon顧客満足度100%評価を獲得するなど、メーカーとしても安心できそうです。他社がiPad Proの発売と同時にフィルムを発売し、Face IDが反応しないなどのトラブルを起こしている中、しっかりとFace IDに対応した設計にし、Apple Pencilも含めてテストを行った後に11/17より発売をしています。すぐに欲しいとは思いつつも、この辺りの信頼感が素晴らしいです。

私もこちらのガラスフィルムを購入しており、11/22に到着予定でまだ手元にはないのですが、とても期待しています。手元に届いたら、またレビュー記事をアップしようと思います(ガラスフィルムが届いたのでレビューしました)。現時点で分かっている情報においてのGoodポイントとBadポイントはそれぞれ下記です。

Goodなポイント
  • Face ID対応!(これは必須)
  • Apple Pencil対応!(これも必須)
  • 薄さ0.26mmととにかく薄い!Apple Pencil利用時の浮いている感を防げる(一般的には0.3mm)
  • 高透過率ガラスフィルムで、キレイなディスプレイが見れる!
Badな点
  • 到着までちょっと待つ。。(早く欲しい)

 

ケース

次はケースです。パソコン以上に持ち運びが多くなるであろうiPad、外からの衝撃から守るためにケースは重要です。また、iOS11から、ファイル機能が搭載されたり、よりPCライクな操作も可能となったこともあり、キーボード付きケースにすることでPCの代わりとしてiPadを利用したいと考える方も多いと思います。とはいえ、持ち運びを前提と考えると、軽量なモバイル性を損なうことはしたくはないところですよね。

また、今回Apple Pencilは、iPad Proの側面にマグネットで取り付けて充電する形となるため、フチをケースで覆ってしまうと、充電が不可能になってしまいます。AmazonなどでもApple Pencil非対応のケースが多く出回っているので、この点も注意して選ぶことが必要です。

 

キーボードもApple Pencilも要らない&軽さ重視な人向け

ネットニュースや雑誌、漫画などを読んだり、動画を観ることがメインであれば、軽さ重視でケースを選ぶのがよいのではないでしょうか?ケースを付けることで重くなってしまうと、使用中に手が疲れてしまい、結局あまり使わないタダの板に成り下がってしまう可能性があります。片手で手軽に使用できるよう、なるべく軽いものを選ぶことをオススメします。ちなみに11インチのiPad Proは本体だけで468gなので、500gほどのケースをつけた場合、合計で約1kgとモバイルPC並になってしまいます。それでも多くのPCよりは軽いですが。

 

Apple Pencilは使うけど、キーボードは要らない人向け

Apple Pencilを使う場合は、充電できるようにマグネットでくっつける部分については、ケースが覆わないようなデザインになっている必要があります。純正のSmart Folioもあるのですが、約1万円ほどするので、純正にこだわりがなければ、こういった他メーカーが製造するサードパーティ製のケースが高コスパで良いかもしれません。

 

キーボードが欲しい人向け

f:id:kyo6448:20181117220728j:plain

色々見たのですが、キーボード付きを条件として考えると、やっぱり純正のSmart Keyboard Folioが最も使い勝手が良いと思います。サードパーティ製のものは、ペアリングが必要だったり、キーボードの充電が必要だったり、安いものの手間が多いです。約2万円と結構な高価格ではあるのですが、よくキーボードを使う人であれば、予算が許す限り純正を選んだ方が幸せになれる気がします。例えば、ロック中にスペースキーを押すと自動でFace IDでロックを解除してくれるのですが、これが非常に快適で、Macbook ProのTouch IDと比べ物にならないほどです。

スリーブも欲しい人向け

私もMacbook Pro用に使ってるシリーズのスリーブです。ネット上でも評判がよくオシャレなデザインなので、オススメです。純正ケースもそうですが、iPad Proのフチを守ってくれないタイプの場合、横からぶつけたらモロにダメージを受けてしまいます。その点をカバーするためにも外出時だけでもスリーブに入れておくと安心ですよね。

 

以上、自分の利用スタイルに合わせて、最適なiPad Proのアクセサリーを選んで、最高な環境を整えましょう。

<関連記事>

papatech.hatenablog.com

papatech.hatenablog.com