papaTECH

Mac, iPadなどのガジェットレビューや転職、3歳息子の育児子育てに関する記事などを綴る

新型iPad Pro 2018 11インチに最適なガラスフィルムを見つけた

購入してからほぼ毎日のように使用している新型iPad Pro 2018 11インチモデルですが、発売当初良いフィルムが無かったので、フィルムなしで使っていました。ただ、やっぱりタブレットであるiPad Proにはフィルムは必須アクセサリーの一つです。パソコンより持ち運びがあって、スマホより大きいiPadは、特に傷からディスプレイを守りたいものです。また、タッチパネルで操作して指紋がベタベタなのは気持ちが悪いですよね。先日注文したAmazon Choice'sに選ばれているWanlok社の新型iPad Pro用ガラスフィルムがついに届いたので、早速開封、貼ってみました。これが非常に良いので、紹介したいと思います。

開封レビュー

TEMPERED GLASSと記載された箱はとてもしっかりした作りで、高級感があります。



中を開けてみると、フィルムの他、取扱説明書、ホコリ取り用シール、ウェットシート、メガネ拭きのようなクリーニングクロスの5点が入っています。キレイにフィルムを貼るためのセットが付いているのは、とても助かりますね。


フィルムを貼る前にまずは、ベタベタになってしまったディスプレイをウェットシートで綺麗に拭き取ります。中にはカサカサのシートもある中で、適度な水分で十分に綺麗にすることができます。それだけでは取りきれない細かなホコリは、シールで取ります。そして、ガラスフィルムをディスプレイに合わせて貼り付けます。

iPad Proはスマホより大きく貼りづらく、2回貼り直したものの、空気が入ってしまいました。取り付けをサポートしてくれるようなシールなどは無いので、若干難しいのですが、ガラスなので貼り直しができます。空気は時間が経つにつれてある程度自然と抜けていくのと、手で外に逃がしてあげれば問題ないと思いますが、メーカーの方には貼りやすいサポートの仕掛けを是非考えてもらいたいですね。


インカメラやFace IDのセンサーなどの部分を覆わないような設計となっています。これによって、Face IDが反応しないような不具合が起きないようになっています。

使い心地レビュー

触り心地&キレイなディスプレイそのまま

これまでスマホなどでもブルーライトカットの保護フィルムしか使ったことがなかったのですが、このWanlokのガラスフィルムは非常にヌルヌルで使いやすいです。フィルムを貼っている方がむしろ触り心地が気持ちよく、詰まるようなことも一切ありません。ガラスフィルムってこんなに良いんですね。ブルーライトが視力に影響しない、なんてニュースも出ていたので、これを機にスマホのフィルムもすべてガラスフィルムに買い換えようかと思うほどです。ブルーライトカットだと色味が黄色がかったり、美しさが落ちる感じがあるのですが、このガラスフィルムは高透過のため高解像度の表示がそのまま活きています。また、たくさん触ってもほとんど指紋がつかず、汚くならないので、その点を気にせずできるタッチ操作は最高です。

Face ID&Apple Pencilも問題なし

もちろんFace ID完全対応のため、顔認証についても全く問題ありません。一瞬にして認識をしてくれるので、ロック解除やアプリのダウンロードが非常にスムーズです。


また、肝心のApple Pencilの操作ですが、そちらも遅延も一切ありません。ただ、0.3mmという極薄とはいえ、ガラスフィルムの厚みの分、書いている面と表示される面に若干の差を感じますね。ほとんど分からないぐらい本当に若干ですが。これはガラスを選択している以上ゼロにはならないかなと。

ガラスの耐久性と指紋のつかなさ、Apple Pencilにも対応しているので、3歳児のお絵描きデバイスとしても安心して使わせることができます。息子が夢中で謎の絵をたくさん描いては描いて楽しんでます。

Goodなポイント
  • Face ID対応!切り欠きのおかげで一切問題なし!
  • Apple Pencil対応!遅延もないし、ほぼ完璧。
  • 高透過率かつ指紋防止で、美しいLiquid Retinaディスプレイがそのまま!
  • このクオリティなのに、圧倒的に安い!

Badな点
  • 貼るのがちょっと難しい

Amazonのページを見てみてると、「ライトユーザー向け商品」という表記が追加されていました。私はあまり感じていませんが、あまりハードなタッチ操作には不向きとのことなので、ご自身の利用シーンに合うかどうか判断の上、購入されることをお勧めします。