papaTECH

Mac, iPadなどのガジェットレビューや転職、3歳息子の育児子育てに関する記事などを綴る

SIerのSEだった30歳が事業会社に転職した理由

前職では、SIerで受託開発案件のSEや新規事業系の企画をやっていました。すでにWeb系事業会社に転職して1年以上経つのですが、改めて転職したいと思った理由を振り返ってみると長文になってしまったので、記事として書いてみました。
もし事業会社とSIerで就職を迷っている方や、SIerからの転職を検討している方がいたら参考になれば幸いです。

SIerでのシステム開発でキャリアをスタート

システム開発においてクライアントの業務要件をヒアリングしつつ要件定義書を作ったり、プロジェクトマネジメントを行ったり、既存システムの運用を行う、いわゆる業務系SEがキャリアの始まりでした。クライアントのバクっとした要件を、画面や機能ごとのシステム要件に落とし込んでいき、プログラマのパートナーさんに開発してもらう立場が主な役割です。要件変更や他ベンダなどの外部要因により計画通りに進まない場合もよくあることで、そういった場合、QCDSのバランスを取りながら多岐にわたるステークホルダと調整をすることが必要となります。リソースには限りがある中、いかにしてプロジェクトを成功させるか、そのために必要となる「調整力」「交渉力」を学びました。

2年ほど経過し、30人月規模ぐらいの開発案件をいくつか自分で回せるようになってくると、成長実感を得られにくくなっていきました。業務やプロセス、システムの理解が進み、クライアントや他ベンダや社内のステークホルダとの関係値もできてくると、特に頑張ることなくとも調整や交渉がスムーズに出来るためです。失敗もしないし成長もしない。特にSEは、そのクライアントの業務理解や業界理解は深まるものの、エンジニアのようにプログラミング言語の技術力が上がることはなく、他領域で流用可能なスキルがなかなか身につきにくいという性質があると思います。

SEとしての転換期

入社3年目ぐらいの頃から、自分自身の市場価値という観点からも不安を感じるようになっていきます。かと言って業務でプログラミングが出来るわけでもない(会社としてプログラマよりプロジェクトマネージャや上流工程を重視)し、第一線でゴリゴリのエンジニアとしてやってきた人と並んでコーディングで生きていく自信もモチベーションも沸かない。SEやプロジェクトマネージャーとしての道も魅力を感じない。何が自分にとって面白いと感じる領域なのか、振り返ってみると新規事業や新サービスの企画でした。

SEの業務に魅力を感じてSIerに就職したのですが、気づくと興味がシステムからビジネスサイドに移っていました。

業務の合間に市場調査や検討をしていた企画を先輩や上司にプレゼンすることで、プロジェクトが形になって進んでいくことがとても楽しかったのです。今思えば、机上の空論で、筋も良くない企画ではありましたが、そのときの経験が自分の中ではとても重要なできことでした。
そこで、上司等とも相談し、しばらくしてSEではなく企画を主な業務として従事することとなりました。
会社として既存のtoB自社サービスはありますが、それではなく、クライアントの売上創出に貢献するため新たなBtoBtoCサービスを考えることをミッションとしていたのですが、ここでSIerの限界を感じることとなります。

ユーザファーストになれないSIerの限界

ビジネスモデルやパワーバランス、慣習、文化、意識的に、クライアントファーストとなってしまうことが多々あります。エンドユーザに価値を提供し、継続的に使ってもらえなければ、結局クライアントの売上は上がらず、サービス利用料がもらえないため、我々としてのビジネスが成立しません。とてもシンプルで本質ではありますが、それぞれ異なる立場の利害関係の中で人が意思決定する中では、それが破綻することがあります。

SIerからすると、お金を払ってくれるお客様はユーザではなくクライアントであり、その中でもお金を払う意思決定をする決裁者となります。決裁者を見て仕事をすることが当たり前になってしまっており、決裁者がOKならOKという思考停止となります。決裁者がユーザファーストかつリーンに仮説検証の繰り返しが必要だということを理解し、そのランニングコストも含めて投資判断してくれれば良いのですが、まずそんなことはありません。決裁者も、これまでサービス企画なぞやったことのない、情報システム部門という名の社内受託組織のトップでしかありません。イニシャルの開発コストと最低限のランニングコストは払っても、継続的な仮説検証、エンハンスコストは払ってくれません。もちろん会社として受注をしなければ始まらないので、まず受注を目指すという視点も必要なものではあります。ただ、そんな理解と投資、スタンスで作ったサービスなど、ユーザからするととても微妙でイケてないものになるに決まっています。そして、サービスを拡張することなく、クローズ。残念。

言うまでもありませんが、SIerである企業も数多くありますし、会社の中でも多くのプロジェクトや役割、フェーズがあるため、SIer全てが上記であるとは思っていません。SIerでやり甲斐を持っている方、尊敬できる優秀な方も多く居るのも事実です。この記事で記載していることは、あくまで私1人の一例であり、主観に基づいて記載しているため、その点参考情報としてご認識ください。

<関連記事>

papatech.hatenablog.com