papaTECH

Mac, iPadなどのガジェットレビューや転職、3歳息子の育児子育てに関する記事などを綴る

iPad Pro 2018用キーボードケース「Smart Keyboard Folio」が想像以上にイケてる

f:id:kyo6448:20181124201937j:image

iPad Pro 2018を購入した方が悩むのは、純正キーボードケース「Smart Keyboard Folio」を買うかどうかではないでしょうか。私もApple Pencilは迷わず購入したものの、値段が高い分Smart Keyboard Folioを買うかどうかは結構悩みました。タイピングがしやすいのか、重くないのか、他に良い製品はないのか、本当に使うのかなど色々気になる点がありますよね。

最終的には、Apple Storeで試しに触ってみて買うことを決めたのですが、実際にブログ執筆などで2週間ほど利用した結果、想像以上にイケてるので、レビューをまとめてみたいと思います。

 

Goodなポイント
  • 打感もピッチサイズ的にも結構打ちやすい!
  • 片手でブラウジングはちょっとツライが、ノートPCと比べれば十分軽い!
  • 純正ならではシームレス!
  • 無駄のないクールなデザイン!
(強いていうと)Badな点

打感もピッチサイズ的にも結構打ちやすい!

f:id:kyo6448:20181124202000j:image

MacbookMacbook ProなどのノートPCを使っている方であれば、全く問題ないのではないでしょうか。フルサイズキーボードなので、詰まったり、手狭な感じなく、普通にタイピングすることができます。打感についても、十分沈む感じがあります。感触的には、カタカタというよりはペタペタといった打音で静かな印象なのですが、このあたりは人によって好みはあるかもしれません。

Macのようなショートカットにも対応しているので、アプリ切り替えやコピペなどは一瞬でサクッとできて、iOSであるにも関わらず、想像以上にPCライクに操作することができます。

f:id:kyo6448:20181124204700j:image

また、前モデルから改良されて、キーボード部分が一枚板のような構造になったため、膝上でも打ちやすくなっています。私もソファなどで利用することが多いのですが、特に問題なく打つことができるのもポイント高いです。Surface Proなどは出来ないですからね。

気になる点としては、トラックパッドが欲しいなというときがあるのですが、それは出来ません。タッチパネルとして画面を直接触って操作できるのは、直感的で3歳児でも使える優れたUIではあるのですが、キーボード上で操作したいときもあります。そんなときにトラックパッドがないのが、ちょっとしたストレスになります。致命的ではないものの、今後のアップデートで対応版が出ることを願っています。

 

ノートPCと比べれば十分軽い!

最大の悩みポイントだった重さですが、公式サイトには記載がありません。計ってみると単体で296gで、iPad Pro 2018 11インチが468gなので、セットで764gほどになります。

これをどう捉えるかですが、相対的に見てみたいと思います。まず、初代iPad(9.7インチ)のWi-Fiモデルが680gと比較すると、性能もサイズも大きく進化しているのにもかかわらず、キーボードケースも含めて80gほどしか差がない、というテクノロジーの進化が凄まじいです。また、一般的なノートPCは、サイズにもよるのですが、15インチだと約2kg、13インチで1.5kg、11インチで750g〜1kgほどが多いので、同サイズの最軽量ノートPCレベルです。

今、使用しているMacbook Pro 13インチが1.37kgなのですが、リュックに入れたときにかかる肩への負担が全く違います。約半分ほどに軽くなっている形なので、Smart Keyboard Folioを買うだけで、脱Macbook Proができて最高に楽になれます。

また、片手でブラウジングするには重くて疲れてしまうのですが、膝の上に置いて使用すれば全く問題なし。マグネットで装着しているだけで取り外しも一瞬なので、要否に応じて取り外せば全然イケます。

 

純正ならではシームレス!

f:id:kyo6448:20181124202032j:image

まず取り付けが死ぬほど簡単です。独自規格のSmart Connectorによって、Bluetoothのペアリングなどが一切不要で、マグネットに吸い寄せられるように単純にパタっと付けるだけでOKです。さらにSmart Connectorのメリットは、初回のセットアップだけでなく、給電機能も備えているため充電が不要になるというのが大きいです。3rdパーティ製の外付けキーボードの場合、キーボード側の充電も必要になってしまうのですが、その面倒な作業が不要となります。

地味に嬉しいのは、ロック中に何かキーを押すことで、Face ID認証でロック解除してくれる点です。電源ボタンも押す必要がなく、サクッと一瞬でホーム画面が表示される感じは、最高のユーザ体験といったレベル。

無駄のないクールなデザイン!

f:id:kyo6448:20181124202025j:image

純粋にデザインがイケてます。カラーバリエーションは、ブラック一色ではあるものの、無駄な装飾がなく洗練されたシンプルなデザインで私は非常に好きです。背面も含めたカバーをしてくれるため、ビジネススタイルにもバッチリ合います。MacbookMacbook Proを持ってカフェなどでドヤっている人が多いですが、iPad ProにSmart Keyboard Folioを付けている人はまだまだ少数ですし、このデザインであればサラッと自慢できますよね。

なお、Smart Keyboard Folioは、日本語JISとUS(英語)の2種類あるので、慣れているキーボードタイプを選ぶことができます。

11インチサイズは、19,800円(税別)です。一般的なキーボードケースよりも高いので、どうせ買うなら公式サイトではなく、楽天などでお得に購入して、ポイントをGETするのがオススメです。