読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

papaTECH

1歳息子の育児や転職に関する記事、ガジェット・子育てグッズのレビューなどを綴る

6年間iPhoneユーザーだった私がAndroidに替えた5つの理由

スマホ

どうもpapaTECHのKYOです。

2016年9月16日にiPhone7が発売されてから1ヶ月ほど経過しましたが、皆さま既に購入されましたでしょうか?私は、2010年にiPhone3GSを初めて購入してからiPhone4s, iPhone5s, iPhone6と約6年間もの間、iPhoneを使用していたiPhone大好きユーザーでした。そんな私はiPhone7の発表内容やレビューを見た上で、ミドルハイクラスであるAndroidのHUAWEI P9に替えることを決意しました。今回は、その理由を5つにまとめてみようと思います。

f:id:kyo6448:20161019180917j:plain

 

<目次>

 

1. Appleブランド/iPhoneブランドの失墜

f:id:kyo6448:20161020005939j:plain

iPhoneに限らず、Apple製品というのは、ポリシーを感じさせる製品としてのクオリティやデザインのみでなく、iTunseなどの新たなプラットフォームを含めたUX、卓越したマーケティング戦略、スティーブ・ジョブズのプレゼン、等々により創り上げられたブランドに価値があった。と思うのです。

それが今はどうでしょうか。Androidスマホの後を追うように画面サイズの大型化、耐水対応、おサイフケータイApple PayのFelica)対応、順当な性能アップをするのが精一杯に見えます。

また、希少性という観点で言えば、こちらの記事「市場調査会社の株式会社カンター・ジャパンが昨年9月から11月に実施した調査によると、日本におけるスマートフォンのOS別販売シェアでは、iOSの機種、すなわちiPhoneのシェアが69.1%、Androidの機種のシェアが30.0%だった。」と記されているとおり、日本国内における希少価値はゼロと言えます。実際、街中でも圧倒的にiPhoneユーザが多く目につきますよね。 

 

2. iPhone7のデザインがダサい

これは完全に個人的な感性の問題ではありますが、私は丸みを帯びたiPhone7のデザインはあまり好きではないのです。滑りやすいし。カメラ飛び出ているし。初めてみた時、ダサいと思ってしまったのが本音です。

 

3. iPhoneに飽きた

iPhone3GSを手にして以降、私はApple信者のごとく、周りにiPhoneの良さを説いていたほどiPhoneが大好きでした。しかし、毎年バージョンアップはされていくものの、6年間もiPhoneを使用していると、さすがに飽きが来てしまいました。

f:id:kyo6448:20161013183231j:plain

大きなアップデートと言えば、フラットデザインになったiOS7、ディスプレイが4インチにサイズアップしたiPhone5、4.7インチ/5.5インチにさらにサイズアップしたiPhone6, iPhone6 Plusぐらいでしょうか。皆さんは、今も新鮮な気持ちでワクワクしていますでしょうか?私は、ワクワクする事はなかったです。

ちなみに、iPhoneの歴史は、下記のサイトに分かりやすくまとめられています。

hot-topic-news.com

 

4. Androidのパフォーマンス向上

数年前までは操作性に難があったAndroid、気づけば完成度が高まっていました。 ベンチマークテストのスコアで比較すると、iPhoneを超えるAndroidがどんどん出てきています。もちろんスコアと、実際の操作をした時に感じるパフォーマンスは、完全には一致しませんし、今でもiPhoneの全体的な完成度は高いレベルだと思っています。しかし、参考値としては十分意味がある数値です。

 

ベンチマークソフトとして最も人気があるAntutu Ver 6.0のスコア表を見ると、iPhone6 Plusよりも5万円台で買えるHUAWEI P9の方がスコアが上であることがわかります。ハイクラスAndroidの代表格であるSamusungのGalaxyシリーズは、更に高いスコアです。

 

順位 バイ スコア
1 iPad Pro 12.9 169,400
2 iPad Pro 9.7 156,000
3 iPhone 6s Plus 137,400
4 Galaxy S7 (Snapdragon 820) 136,700
5 iPhone SE 134,000
6 LG G5 133,000
7 Galaxy S7 (Exynos 8890) 130,100
8 iPhone 6s 129,000
9 Galaxy S7 edge(スナドラ820) 128,200
10 Xperia X Performance 120,000
11 Huawei P9 96,000
12 iPad Air 2 105,000
13 iPhone 6 Plus 80,500

引用:ソキウス101 

 

5. スマホコスパ勝負に

こちらの記事で少し触れていますが、私はSIMフリースマホと格安SIMで運用しています。そのため、「端末代実質0円」のようなものはなく、スマホをそのままの価格で購入する必要があります。また、iPhoneで出来ることの多くは、Androidでも出来る状況になってきており、コモディティ化されてきています。その状況においては自然と、スマホの価格とその機能のバランスを見て、コストパフォーマンスが良いものを買うことになりました。

papatech.hatenablog.com

並行して発売されているiPhoneSEは、4万円台に値下げされたものの、iPhone7、iPhone7 Plusは、72,800円〜107,800円(税別)とかなり高額です。この価格に見合う価値があると感じるか。んー。

  • iPhoneSE : 44,800円/16GB、49,800円/64GB
  • iPhone7 : 72,800円/32GB、83,800円/128GB、94,800円/256GB
  • iPhone7 Plus : 96,800円/128GB、107,800円/256GB

一方、Androidでは、様々なメーカーが出しており、1万円台〜8万オーバーまで幅広い価格帯で選択肢が多いです。デザイン、性能、防水防塵対応有無、おサイフケータイ対応有無、ワンセグ有無、価格、など様々なポイントで比較検討をして、コスパが良いスマホを見つけられる可能性が高いです。

私は、それまで使っていたiPhone6よりも性能(ベンチマークのスコア)が良く、価格も比較的安く、デュアルレンズで一眼レフのような写真が撮れるHUAWEI P9を選択しました。

 

まとめ 

私は、これら5つの理由により、iPhoneからHUAWEI P9に買い替えすることになったわけですが、結果的にとても満足しています。iPhoneユーザの方、iPhone7への買い替え決心がつかない方、一度Androidにも目を向けてみてはいかがですか?安くて良いスマホが見つかるかもしれませんよ。

データの移行が面倒だと言う人向けに、こんな記事も書いていますので、良かったら参考までに読んでみて下さい。

papatech.hatenablog.com

実際に使ってみたHUAWEI P9のレビューをこちらの記事に書きました。

papatech.hatenablog.com

 

最後に。将来、悩む余地なく「iPhoneに戻りたい!」と思わせてくれる製品をAppleが提供してくれることを期待しています。 

 

広告を非表示にする